TOP > ブログ > 今年の粉飾を把握する〔2016年〕- 小売業の窮地 -(1)
審査
2016/11/02

今年の粉飾を把握する〔2016年〕- 小売業の窮地 -(1)

ブログ

例年通り、企業評価の“眼”を更新することを目的として、
『上場企業の不適切な会計処理』のリリースをまとめたレポートをお送りします。
(長文のため、本日と11月4日の2回に分けて配信します)

 

【Alox】 『第三の眼 ~看破する力~』 http://alox.jp/  vol.25

◆ 目 次 ◆

【1】  今号の一言   『空売り推奨レポートの興隆

【2】  本文       『今年の粉飾を把握する〔2016年〕- 小売業の窮地 -(1)』

【3】  編集後記     『史上最も“期待値の低い”の米国大統領の誕生』

 

 

【1】空売り推奨レポートの興隆

米国の投資ファンドであるグラウカスは、伊藤忠商事の会計手法を問題視し、「強い売り推奨」と指摘したレポートをリリースした。


それに対し、伊藤忠商事は「適切な会計処理を実施しており、当社の見解とは全く異なる」とのコメントを発表している。


さらに、空売り投資家で調査会社シトロン・リサーチは、サイバーダインの株価が割高だと主張した。


さらにさらに、日本のウェル・インベストメンツは、サイバーダインやジグソー、丸紅などを「現在の株価と客観的な財務分析とのギャップ」を指摘したレポートをリリースした。

 

 


これらのレポートの内容の信憑性はさておき、「株価が企業の財務体質や将来性と乖離している」と指摘することは、一定の価値がある。


株価≒期待(もしくは美人投票)であることは否定できないが、あまりにも、結果(損益計算書や貸借対照表)に結びついていなければ、それは“IRの上手い企業”でしかない。


もともと結果が伴うのが稀有な業界と言えるバイオ・創薬業界ついて、投資家も結果を無視して、期待値のみで株を購入している。


一方で、著名な企業、東証1部2部に上場する企業、昨今盛り上がっている業界(ロボット、AI、フィンテック)の企業について、ファンダメンタル(結果)と乖離していることを指摘することは必要ではないだろうか。


つまり言いたいのは、企業の開示情報は「マーケットへの一方通行の報告書」でしかない。
その報告には、自社に都合の悪いことは含まれていないと考えるのが妥当である。


「リリース情報の裏を読み、一方通行の報告書を分析する機能」を「強い売り推奨と指摘したレポート」が担っていると言えるのではないだろうか。

 

 

それでは、上場企業の“懺悔”報告書というべき「不適切な会計処理に関する報告書」をまとめた定期メールマガジン
「今年の粉飾を把握する」をお楽しみください。

 

 【2】今年の粉飾を把握する〔2016年〕- 小売業の窮地 -(1)

【不適切な会計処理】
例年通り、企業評価の“眼”を更新することを目的として、『上場企業の不適切な会計処理』のリリースをまとめたレポートをお送りします。(長文のため、本日と11月4日の2回に分けて配信します。)

 

【21件のリリース】
“今年”※は21件の「不適切な会計のリリース」があった。
21件という件数は、昨年と同じ件数であり、ここ7年の中では同率で2番目に多い件数である。
(ちなみに、2015年21件、2014年14件、2013年20件、2012年29社、2011年17件、2010年15件だった。)


※ 集計及び執筆時期の都合上、2015年9月~2016年8月を“今年”と表現させて頂いております。

 

<不適切な会計処理に関するリリースをした会社一覧>

時期

コード

市場

社名

2015年10月

9973

ジャスダック

小僧寿し

2015年10月

2892

東証2

日本食品化工

2015年10月

3088

東証1

マツモトキヨシホールディングス

2015年10月

3222

東証1

ユナイテッドスーパーマーケットホールディングス

2015年11月

7238

東証1

曙ブレーキ工業

2015年11月

2538

東証2

ジャパンフード&リカーアライアンス

2015年12月

7853

東証2

フードプラネット

2016年01月

3191

東証1

ジョイフル本田

2016年02月

8278

東証1

フジ

2016年03月

1873

東証1

日本ハウスホールディングス

2016年03月

1352

東証1

ホウスイ

2016年03月

5631

東証1

日本製鋼所

2016年03月

1966

東証2

高田工業所

2016年04月

3744

東証2

サイオステクノロジー

2016年04月

6678

東証1

テクノメディカ

2016年05月

2710

ジャスダック

シーエスロジネット

2016年06月

1949

東証1

住友電設

2016年06月

2369

マザーズ

メディビックグループ

2016年07月

1868

東証1

三井ホーム

2016年08月

9232

東証1

パスコ

2016年08月

6839

東証1

船井電機

 

中央魚類(ホウスイの親会社)、ヨンドシーホールディングス(フジの親会社)もリリースを行っているが、子会社と同じ内容のリリースのため、除外。


<不適切な会計処理 リリース概要一覧表>
http://alox.jp/dcms_media/other/161031_2016dressing.pdf

 


【不適切な会計処理の型】
粉飾をその手法等に基づき、「売上加工」「利益捻出」「混在」「資金流出」「その他」の5つに分類した。


売上加工」とは
→架空売上、押し込み販売、売上の前倒しなど、売上を増やす行為


利益捻出」とは
→売上原価の過小計上や翌期繰延、費用の過小計上や翌期繰越、棚卸資産の過大計上など、利益を増やす行為


混在」とは
→売上を増やす行為と利益を増やす行為などの混在


資金流出」とは
→創業者や特定の担当者による商行為の私物化、協力会社との癒着によるキックバック、買収や取引を通じてグループや
協力会社への資金援助など、会社から資金を流出させる行為


その他」とは
→計算ミス、知識不足などによる計上ミス

 


【分類別の企業一覧】

<売上加工>
・ユナイテッドスーパーマーケットホールディングス
・曙ブレーキ工業
・フードプラネット
・テクノメディカ

 

<利益捻出>
・日本食品化工
・住友電設、
・マツモトキヨシホールディングス
・ジョイフル本田
・フジ
・日本ハウスホールディングス
・日本製鋼所
・パスコ
・船井電機

 

<混在>
・サイオステクノロジー
・メディビックグループ
・三井ホーム

 

<資金流出>
・小僧寿し
・ジャパンフード&リカーアライアンス
・ホウスイ
・高田工業所

 

 


【今年の傾向】
実に、21社中9社(43%)が利益捻出型の粉飾だった。

特に小売業において、利益捻出型の粉飾が多かった
インバウンドの爆買いの反動、消費不況などにより、小売業は苦境にある。

昨今、百貨店やスーパーの再編、アパレルの小売のリストラをなどのニュースは耳にする。

苦境にある業界は、「利益を作成する可能性がある」と疑っても、損は無い

 

 

次号 今年の粉飾を把握する〔2016年〕- 小売業の窮地 -(2)に続く。

(11月4日10時配信予定)

 

+++++++++++++++++++++++++

本ブログはメールマガジンを転記しております。

メールマガジンは下記よりお申し込みください。

アロックスメールマガジンお申し込みフォーム