TOP > ブログ > 2017年を振り返る - “嵐の前の静けさ”の1年”の1年 -
粉飾
2017/12/08

2017年を振り返る - “嵐の前の静けさ”の1年”の1年 -

ブログ

例年通り、配信したメルマガ一覧や“今年の漢字”から、今年を振り返ってみたい。

 

【Alox】 『第三の眼 ~看破する力~』 http://alox.jp/  vol.31

◆ 目 次 ◆

【1】  今号の一言   『年末のご挨拶』

【2】  本文      『2017年を振り返る - “嵐の前の静けさ”の1年 -』

【3】  編集後記    『2017年の編集後記』

 

★PR★*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….*…..*……*…..*…

効果抜群!
貴社の業務効率化、働き方改革の一翼を担う
『財務PDF変換ツール』『財務データ入力サービス』

トライアルしてみませんか?


▽詳細はこちら▽
財務PDF変換ツール
http://alox.jp/product/exchange_pdf.html
財務データ入力サービス
http://alox.jp/product/data_entry.html


*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….*…..*……*…..★PR★

 

──────────────────────────────
【1】 年末のご挨拶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

謹啓 今年もいよいよ残りわずかとなってしまいましたが、
益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。


さて 弊社は決算書に関連するシステムやデータの提供、
サービスをご提供させて頂いておりますが、
今年は特に『財務PDF変換ツール』や『財務データ入力サービス』、
上場企業財務データ』等の入力業務効率化のお問い合わせを
多数頂きました。誠にありがとうございました。


しかしながら、「決算書の有効活用」という観点で考えますと、
まだまだ行うべきことが多くあると認識しておりますので、
さらなるシステムの開発やサービスの強化を行って参ります。
来年も皆様のお役に立てるよう努力して参りますので、
引き続きのご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。


アロックス株式会社
代表取締役 田中 威明

 

★PR★*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….*…..*……*…..*…


決算書分析は、長年の実績に裏打ちされた
『アラーム管理システムで』と『格付情報』をご利用ください。
サンプル分析やトライアル受付中!


▽詳細はこちら▽
アラーム管理システム
http://alox.jp/product/alarm.html
格付情報
http://alox.jp/product/rating.html

※ご要望に応じたご提案をさせて頂きます。
まずはお話をお聞かせください。


*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….*…..*……*…..★PR★

 

──────────────────────────────
【2】 2017年を振り返る - “嵐の前の静けさ”の1年 -
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

例年通り、配信したメルマガ一覧や“今年の漢字”から、今年を振り返ってみたい。

 


【今年のメルマガタイトル一覧】
01月31日 今年の倒産を予測する - 2017年 -

06月30日 “忖度”融資!?商工中金による財務書類の改竄テクニック

09月22日 アラーム分析ランキング -2016年2月~2017年1月-

12月06日 今年の粉飾を把握する〔2017年〕- 資金流出系の隆盛 -

 

 

【今年のブログ】
01月13日 【連載】「決算書分析」で取引先の支払い能力を見極める方法

01月16日 【連載】〔第1回〕 企業の安全性を分析するための「5つの指標」とは?

01月23日 【連載】〔第2回〕 「流動比率」から企業の安全性を分析する際のポイント

01月30日 【連載】〔第3回〕 資産の「当座比率」が高い企業ほど安心である理由

02月06日 【連載】〔第4回〕表面上の数値以外の要素も考慮したい「固定比率」の分析

02月13日 【連載】〔第5回〕「固定負債」の分析でチェックしたい事業規模とのバランス

02月20日 【連載】〔第6回〕「自己資本比率」が高くても会社が安泰とはいえない理由

02月27日 【連載】〔第7回〕 取引先の「倒産リスク」を計るために確認したい5つの指標

03月06日 【連載】〔第8回〕 倒産の危険性を予知する「5つの指標」の具体的な見方

03月13日 【連載】〔第9回〕 取引先の決算書チェック――「BS」を中心に見るべき理由

03月20日 【連載】〔第10回〕 BS、PL、CF・・・企業活動を評価する上での決算書の見方

03月27日 【連載】〔第11回〕 企業の支払い能力を見極める「フロー」と「ストック」の視点

04月03日 【連載】〔第12回〕 フローの支払い能力を測る「経常収支比率」

04月10日 【連載】〔第13回〕 「経常収支比率」の分析だけでは予測できない企業の倒産

04月17日 【連載】〔第14回〕 短期借入金が経常収支額を上回る「倒産」の兆候

04月24日 【連載】〔第15回〕 企業財務において重要となる「ストック」からの支払い能力

05月01日 【連載】〔第16回〕 企業の「ストックからの支払い能力」を測る2つの指標

05月08日 【連載】〔最終回〕 企業の「支払い可能資産」の実態を見抜く方法

 


【今年は?】
今年は、“嵐の前の静けさ”の1年だった。

日本上空を北朝鮮のミサイルが超えていくという異常事態が常態化し、
アメリカは反発を承知の上で、「エルサレムをイスラエルの首都と認定」した。

現段階では大きな混乱は起きていない。

ただ、混乱の火種はそこかしこにあると言える。

 

 

【2017年の「今年の漢字」は「北」】
日本漢字能力検定協会は、世相を表す2017年「今年の漢字」に
「北」が選ばれたと発表した。

2017年「今年の漢字ベスト10」は下記の通りである。
01 位 「北」 7,104票(4.63%)
02 位 「政」 3,571票(2.32%)
03 位 「不」 3,323票(2.16%)
04 位 「核」 3,138票(2.04%)
05 位 「新」 2,958票 (1.93%)
06 位 「選」 2,880票(1.88%)
07 位 「乱」 2,782票(1.81%)
08 位 「変」 2,717票(1.77%)
09 位 「倫」 2,538票(1.65%)
10 位 「暴」 1,945票(1.27%)

(参照:公益財団法人 日本漢字能力検定協会
http://www.kanken.or.jp/kanji2017/common/data/release_kanji2017.pdf

 

今年は、「北」ではあったが、
北(キタ)というよりも、「ペイ」だった。

北朝鮮の(兵)が脱北を試み、
商工中金による(弊)害とも言うべき融資によって、
紙(幣)はバラまかれた。

大手メーカーによる検査データの改ざんや隠(蔽)は記憶に新しい。



この語呂合わせもやや無理が出てきたのは否めない。

 

 

【来年は・・・】
来年の予想については、2018年1月下旬に発行する
『今年の倒産を予測する-2018年-』にて送付します。

2018年の日本のベクトルは、どこに向かうのだろうか?

今年は、上下に浮き沈みのない停滞というべき1年だったことから、
上か下のどちらかにはブレるのではないでしょうか。

 

 

──────────────────────────────
【3】 2017年の編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

本当に毎年ですが、思います、この時期に。

「今年も、本当に激動だったな」と。

年齢を重ねるごとに、激動度合いが、比例ではなく、二乗で増えており、
来年がやや怖くもあります(笑)。

 

突然ですが、先日、交通事故を目撃しました。

あれは、19時頃、帰宅途中にトコトコ歩いている時でした。

非常に稀なケースだと思いますが、タクシーの後部扉が開き、
そこにOLと思しき人が乗車する自転車が猛烈なスピードで衝突したのです。

taxi.jpg

 

仕事中以外は、電源OFF状態の私が、
思わず「あぶない!」と叫ぶほど、衝突の瞬間を目の当たりにしました。

衝突後、OLの方は、道路脇で何とか起き上がっていました。
ただ、やや辛そうで、タクシーの運転手が謝りつつ、介抱していました。
(これから出発予定のタクシーでしたが、乗客は下車。)

 

 

使い古された言葉ですが、「~かもしれないと予測することは大事なことだな」
改めて認識する出来事でした。


OLの方も、「ドアが開くかもしれない」と考えるべきでしたし、
タクシー運転手も「自転車が通るかもしれない」と考えて、しっかりと後方確認すべきでした。


我々の業界では、
取引先が「倒産するかもしれない」と考えなければなりません。

いくら倒産が少ないからって、リスクMAXで取引することは有り得ないでしょう。

間違っても取引先の倒産によって、会社の経営が傾くような事態は避けるべきであり、
与信管理、調達先管理、投資先管理は、精度高い予測とリスクに見合ったチャレンジ
必要だと考えます。

 

今年も大変お世話になりました。
継続してお付き合いいただいている方、今年から新たにお会いした方、
今後新たにお付き合いさせて頂けるであろう方、皆様に感謝感謝です。

来年も引き続き、【ALOXメルマガ】にお付き合いください。

塙 大輔

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【注意事項】
本メールマガジンは各種情報の提供を目的としております。
各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を
保証するものではありません。記載された情報を使用することに
より生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかね
ます。また、本メールマガジンに記載された意見・見通しは
表記時点での私見を反映したものであり、
今後変更されることがあります。

【バックナンバー】
http://alox.jp/blog/

【各種お問い合わせ】
http://alox.jp/contact.html

【発行・編集】“倒産・粉飾ウォッチャー”  塙 大輔
E-mail: aloxmail@alox.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━