TOP > ブログ > アラーム管理システム 危険企業リスト作成
2020/03/24

アラーム管理システム 危険企業リスト作成

アラーム管理システムからリストを作成する方法をご説明します。

 

1.メニューの「分析帳票」のプルダウンから「検索・CSV出力」を押下。

 プルダウンから”検索・CSV出力”を選択

 

2.「検索・CSV出力」画面が表示されます。

 抽出範囲、対象決算、出力年、抽出対象を決定します。

抽出対象を設定

 

3.「抽出範囲」を決定します。

全て、特定の担当店、取引先、業種等で抽出範囲を決定します。

 抽出範囲を決定します

 

4.「対象決算」を決定します。

プルダウンから「単独」「連結」「連結/単独」のいずれかを選択。

 提唱決算を選択します

5.「出力年」を決定します。

「基準年」または「直近期」で対象を決定します。
(「直近期」にチェックを入れるとプルダウンを利用可能となります)

 対象決算を決定します

6.「抽出対象」から対象データを選択します。

決算書の勘定科目、アラームの分析結果、財務指標等に分類されています。

各分類に応じて、選択可能項目が異なります。

対象となるデータが含まれているデータを選択して下さい。

 対象項目を選択します

7.「対象項目」を選択します。

「項目名」リストから対象項目を選択。
「選択」ボタンを押下すると「選択済項目」に追加されます。
(ここでは、「投資有価証券」と「資産合計」を選択)

対象項目を選択します

8.「CSV出力」ボタンを押下。

ファイル保存ダイアログが表示されますので、CSVファイルを名前を付けて保存してください。

 CSV出力を押下

9.エクセルで並替え。

CSVファイルをエクセルで並替え等して下さい。
危険企業リストが出来上がります。

CSV

危険企業リストサンプル