TOP > ブログ > アラーム分析ランキング -2019年2月~2020年1月-
粉飾
2020/10/01

アラーム分析ランキング -2019年2月~2020年1月-

ブログ

例年通り、有価証券報告書に記載された財務諸表を
アラーム管理システムにて分析した結果をお送りします。

 

【Alox】 『第三の眼 ~看破する力~』 http://alox.jp/  vol.43

◆ 目 次 ◆

【1】  今号の一言   『超オンライン化の世界へワープ』

【2】  本文      『アラーム分析ランキング -2019年2月〜2020年1月-』

【3】  編集後記    『“存在してはいけない”という恐怖』

 

★PR★*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….*…..*……*…..*…

効果が実感できる働き方改革!
『決算書OCR』『財務PDF変換ツール』『財務データ入力サービス』で
貴社の業務を圧倒的に効率化しませんか?

▽詳細はこちら▽
決算書OCR
http://www.alox.jp/product/financial_input.html
財務PDF変換ツール
http://alox.jp/product/exchange_pdf.html
財務データ入力サービス
http://alox.jp/product/data_entry.html

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….*…..*……*…..★PR★

 

──────────────────────────────
【1】  超オンライン化の世界へワープ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

中国の武漢で端を発した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、
世界は「超オンライン化の世界へワープ」した。

 

5~10年後、もしくは20年後に想定されていたオンラインの世界へ
強制移行したのである。

 

言わずもがなだが、具体例を提示する。


テレワーク(在宅勤務)
コロナ前は、一部の先進的な企業における一部の社員にのみ適用された制度である。
それが、たった半年で、中小企業も含めたほとんどの企業で実施される制度となった。

 

WEB会議
WEB会議を利用するのは、拠点が多数ある大企業のみだった。
それが、三密を避けるため、企業だけではなく個人も、内部及び外部との
コミュニケーションツールとして、zoom、Teams、meetなどを利用している。

 

クラウド化
出勤せずとも、パソコンやサーバを使えるようにするために、
自社のハードウェアをAWSなどクラウドへ移行する企業が増えた。

 

ECの加速
従来は、インターネットで買わなかった日用品も、オンラインで購入する人が増えた。

 

・オフラインのオンライン化
学校、学習塾、フィットネス、会合(飲み会も含む)、TVや
レンタルビデオなど、現地へ行かずとも、インターネット経由で
同じサービスを受けられるようになった。
(もちろん、現地における臨場感や一体感などを得られないデメリットはある。)

 

 

今後、コロナ前の世界に戻ることはない(もちろん、多少の揺り戻しはある)。
人々は、今までの対面・移動を代表としたオフラインの減少によるデメリット以上に、
オンラインの恩恵を受けている。

今後は、さらにオフラインの減少、オンラインの増加をベースにビジネスを
考えなければならない。


企業に対する評価についても、「超オンライン化の世界」を踏まえるのは、必須である。

 

それでは、例年通り、「アラーム分析ランキング」をお楽しみください。

 

★PR★*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….*…..*……*…..*…


決算書分析は、長年の実績に裏打ちされた
『アラーム管理システムで』と『格付情報』をご利用ください。
サンプル分析やトライアル受付中!


▽詳細はこちら▽
アラーム管理システム
http://alox.jp/product/alarm.html
格付情報
http://alox.jp/product/rating.html

※ご要望に応じたご提案をさせて頂きます。
まずはお話をお聞かせください。


*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….*…..*……*…..★PR★

 



──────────────────────────────
【2】 アラーム分析ランキング -2019年2月~2020年1月-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【アラーム分析ランキング】
例年通り、有価証券報告書に記載された財務諸表を
アラーム管理システムにて分析した結果をお送りします。

 

<アラーム管理システムとは>
2期分以上の財務諸表(BS、PL、脚注)から、企業を100点満点で評価。
40点以下を「資金繰りの破綻リスクが高い」と評価する。
詳細については、下記URLをご参照ください。


ALOXALOXALOXALOXALOXALOXALOXALOXALOXALOX

<アラーム管理システムとは>
http://alox.jp/sevices/alarm/

ALOXALOXALOXALOXALOXALOXALOXALOXALOXALOX

 


【下位51社と100点企業】
<下位51社>

2020kai.jpg

http://alox.jp/dcms_media/image/2020kai.jpg

 

<100点満点企業>

2020jyoui.jpg

http://alox.jp/dcms_media/image/2020jyoui.jpg

 

 

下位48社と100点企業の全データは下記URLをご参照ください。
〔A4横2枚印刷用〕
http://alox.jp/dcms_media/other/200921ranking_yoko.pdf


〔A4縦1枚印刷用〕
http://alox.jp/dcms_media/other/200921ranking_tate.pdf

 

 

【データについて】
<データ件数>    3598社

<データ作成方法>

EDINETから入手した財務情報をアラーム管理システムにて分析して作成

<データ抽出条件>
(1)最新決算年月が2019年2月から2020年1月までのデータ
(2)連続した決算書は3期分以上
(3)連結と単独の決算が両方ある場合は、連結を優先
(4)アラームの分析対象外業種(銀行、生損保、証券)は除く

※ 毎年の掲載企業数が違うのは、同率ランクの企業数等の影響で、
キリの良い数字の抽出が難しいためです。
今年は、キリの良い数字ではありませんが、51社とさせて頂きました。

 

 

【評点分布の推移】
2020年配信 40点以下:216社 100点:17社
2019年配信 40点以下:180社 100点:12社
2018年配信 40点以下:184社 100点:10社
2017年配信 40点以下:177社 100点:11社
2016年配信 40点以下:169社 100点:8社


100点満点企業の数は微増であり、40点以下の企業は急増している。

 


【下位51社の傾向】
51社中、37社は赤字が常態化※している。
51社中、昨年もランクインしたのは、34社。
51社中、12社が創薬やバイオ系の企業。
昨年まで見ることがなかったような業種
(アパレル、学習塾、リゾートホテル、飲食店)がランクインした。

 

 

その他、業態変更、事業領域の拡大、内部統制の不備、
別会社の傘下入り、投資先行企業など、点数に見合った企業属性を
具備しており、これはいつも通りの傾向だ。



3期連続赤字の会社を「赤字の常態化」と定義。

 


【急落ベスト3】
前年の評点から急落した企業は、下記である。

2020down.jpg

http://alox.jp/dcms_media/image/2020down.jpg

 

 


【評点が急落した理由は?】
(株)鴨川グランドホテル
→ 売上は、2018年の40億円から、2019年の29億円に減少。
一方で借入金(長期+短期)は38億円から58億円と急増。
売上に貢献しない借入金が増えており、財務のバランスが悪化した。


(株)プロスペクト
→ 年商の2倍近い借入金、9億円から23億円に増加した長期貸付金。
経常収支が悪化(-69億円)している。


千代田化工建設(株)
→ 売上は、2018年の5100億円から、2019年の3400億円に減少。
2019年は592億円の債務超過となった。

 

 

【総括】
今年は、2件(レナウン、Nuts)の倒産が発生した。
また、倒産には該当しないが、6月30日には、
東京証券取引所第1部に上場する群馬県の自動車部品製造、
サンデンホールディングスが事業再生ADR※を申請している。


今回のランキングは、2020年1月までの決算に基づいたものである。
つまり、コロナ前のデータに基づく分析である。
コロナ後の決算を踏まえれば、評価の低い企業はさらに低くなる可能性は高い。
また、急落ベスト3の企業も、全く別物となるだろう。

 

現在、リーマンショック以上のインパクトのコロナ化であることを考慮すると、
倒産は抑制されている。


銀行は、企業の資金繰りを支援する一方で、
将来の倒産増を見越して、貸倒引当金を積み増している。


永遠に続く支援(セーフティネット)はない。
政府や各都道府県の財源も限りがある。


また、資金繰りに窮した企業は、融資元の金融機関に良い顔をするため、
躊躇なく決算書を粉飾する。


表には出ないが、粉飾決算企業の数は、今がピークなのかもしれない。
それは、上場・非上場に関係ない。


リーマンショック後、今年以上に、決算書を精度高く分析しなければ
ならない年はない。


「2020年を年越しできない上場企業が2社のみ」で済めば、
それは、僥倖である。

 

 


事業再生ADRとは
経営危機に至った企業が、民事再生法や会社更生法の申し立てによる
法的手続きに替え、中立な第三者機関であるADR事業者の手によって、
債権者・債務者間の話し合いをもとに自主的な整理手続きによって問題解決を図ること。
(参照資料:コトバンク『事業再生ADR』)

 

★PR★*…..*…..*…..*…..*…..*…..*… ..*…..*….*…..*……*…..*…


上場企業の決算書入力をやめませんか?


上場企業の決算書の会計基準は、3種類あります。

1.日本会計基準
2.米国会計基準
3.国際会計基準


受取手形、売掛金、未収入金、短期貸付金を売上債権へ集約することがある
国際会計基準の決算書でも、売上債権の内訳を個別に入力して、
日本会計基準と同等レベルにしてデータ提供します。


▽詳細はこちら▽
有報財務データ(上場企業財務データ)
http://alox.jp/product/presentation.html

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*… ..*…..*….*…..*……*…..★PR★

 


──────────────────────────────
【3】 “存在してはいけない”という恐怖
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

名古屋へ出張した時である。


地下鉄へ乗車する際、やや暑かったので、
“空いている車両はないかな~”と思いつつ、とぼとぼとホームを歩いていました。


発車のサイレンが鳴ったので、“ここは比較的、空いているな、
ここにしよっと”と思い、飛び乗りました。


閉まったドアを見たところ、【女性専用車両】と記載されていました。


「男性が入ってはいけない場所感」が半端なく、
“行けない所に入ってしまった”と顔に縦線が入るような心境となりました。


目線のみで、チラッと車両内を見ると男性は、私1名。


「なんで、男が乗っている?」と思われているに違いないと思い込み、
それから、私は下記の3つを実行しました。

1.ドアのギリギリまで近づき、顔が見えないようにする。
2.忍者並みの腹式呼吸で、可能な限り、気配を消す。
3.次の駅で何食わぬ顔をして降り、隣の車両へ移動する。

346858.jpg

おそらく、私は異物混入事件の「異物」として、
女性専用車両に存在していたのでしょう。


明確な異物となった時、やや飛躍していると思いますが、
「存在してはいけないという恐怖」を感じました。


数字で言えば、100対1で、圧倒的劣勢。

 

こんなことを考えましたが、
結局は「慌てずに確認し、余裕をもって、電車に乗ればいいだけ。」
という結論に達しました。

 

倒産・粉飾ウォッチャー 塙 大輔

 

++++++++++++++++++++++++++++

 


本内容をメールで配信しています。
お申し込みは、下記からお願いします。
アロックスメールマガジンお申し込みフォーム