決算書を有効活用するソリューションをご提供します

与信管理担当となったが、取引先の倒産を予知する方法が分からない

TOP > 課題解決・導入事例 > 与信管理担当となったが、取引先の倒産を予知する方法が分からない

商社様の事例

お客様の課題

  • どうすれば、取引先を精度高く分析できるか、分からない。
  • 入手した決算書を財務分析しても、それが良いの悪いのか、判断が難しい。
矢印

多数の金融機関や大手商社で実績にある「アラーム管理システム」をご提案

「アラーム管理システム」を提案

  • 多種多様な業界で長年利用されている分析ロジック。
  • 一から審査システムを構築する際に最適なパッケージ。
「アラーム管理システム」を提案

運用イメージ図

jiseki.jpg

導入効果

  • 経営層への説明に利用
    取引先の倒産の危険がスコアで明確にわかり、経営層にも取引方針決定の理由を説明できるようになった。
  • 分析スキルの向上
    アロックス社の研修会やユーザー会で、最新の分析ロジックや企業倒産の動向等を学ぶことができので、分析スキル向上やメンテナンスに役立っている。
お気軽に
お問い合わせください
03-3518-2626
9:00~18:00(土・日・祝日除く)