決算書を有効活用するソリューションをご提供します

決算書入力における勘定科目の集約を統一したい

TOP > 課題解決・導入事例 > 決算書入力における勘定科目の集約を統一したい

金融機関様の事例

お客様の課題

  • 担当者によって、入力する勘定科目や集約方法に差異がある。
  • 医療法人やNPO法人の入力が難しい。
矢印

誰が入力しても同じ結果となる

「財務諸表入力システム」をご提案

  • 豊富な勘定科目マスターによって勘定科目を自動集約
  • いろいろな形式の決算書フォーマットに対応
財務諸表入力システム

導入効果イメージ

決算書の入力を標準化

導入効果

  • 財務データの精緻化
    OCRによって決算書の科目や金額がスキャンされ、豊富な勘定科目マスターによる科目認識によって、担当者によって入力データや科目集約が違うといったことがなくなり、財務データが精緻化された。
  • 支店の業務軽減化
    決算書のスキャンデータを本店へ転送し、本店が入力業務を集中して行うようにした。支店の業務が軽減化されて、支店の担当者は顧客とのコミュニケーションに時間を割く事ができるようになり、営業成績の向上へつながった。

製品・サービスに進む                          財務諸表入力システムに進む

 

 

決算書分析のアロックスTOPに戻る

 

 

お気軽に
お問い合わせください
03-3518-2626
9:00~18:00(土・日・祝日除く)