決算書を有効活用するソリューションをご提供します

上場審査先の企業において粉飾が発覚した

TOP > 課題解決・導入事例 > 上場審査先の企業において粉飾が発覚した

証券会社様の事例

お客様の課題

  • 主幹事証券として引き受けた企業において、粉飾が発覚したことがあった。事前に粉飾のリスクを把握できるように、分析のフローを変える必要があった。
矢印

決算書の粉飾リスクを評価する「アラーム管理システム」をご提案

「アラーム管理システム」を提案

  • アラーム管理システムから出力されるコメントを利用して、粉飾リスクについて把握できるようになった。
  • 決算書の不可解な数値や推移については、企業に対してヒアリングを行うようにした。その結果、企業の実態把握の精度が飛躍的に向上した。
「アラーム管理システム」を提案

運用イメージ図

underwriter.jpg

導入効果

  • 審査の精度向上
    幹事証券会社として引き受ける企業は、必ずアラーム管理システムを利用して分析を行うようにした。アラーム管理システムの分析において、点数が低い項目や厳しいコメントが出力されている場合には、対象企業にヒアリングをするようにしたため、実態把握の精度が向上した。
お気軽に
お問い合わせください
03-3518-2626
9:00~18:00(土・日・祝日除く)