決算書を有効活用するソリューションをご提供します

ニュースリリース

TOP > ニュースリリース

2016/10/14
決算書を「企業の成績表」と捉える常識へのアンチテーゼ 10月14日発売!『取引先の倒産を予知する 「決算書分析」の極意』

2016年10月14日

報道関係者各位

アロックス株式会社

 

 

決算書を「企業の成績表」と捉える常識へのアンチテーゼ

10月14日発売!『取引先の倒産を予知する 「決算書分析」の極意』

 

アロックス株式会社(本社:東京都千代田区)の代表取締役・田中 威明は、2016年10月14日、『取引先の倒産を予知する 「決算書分析」の極意』(幻冬舎)を上梓します。

 

実は、世間一般の想定以上に決算書は操作(粉飾)されています!

販売先や仕入先、投資先等の経営危険度を評価するために、粉飾にダマされない決算書の見方、方法論を記載しております。

 secret of an analysis.jpg

 

目次

はじめに 

第1章 好景気でも油断は禁物。「取引先倒産」のリアル

   - 倒産に至るプロセスは「業績不振→恒常的な赤字→倒産」なのか?

   - 倒産した企業の半数は「増収」している

   - 「黒字倒産」は珍しくない

   - 「倒産」の定義とは?

   - 「法的倒産」の4ケース

   - ここ数年、企業倒産件数は減っているが…

 

第2章 倒産リスク予知のカギを握る。正確な「支払い能力」を見極める方法

   - 一般的な「安全性分析の指標」は効果的なのか?

   - 決算書を見る時には「BS」を中心に見よ

   - 倒産リスク見極めのカギを握る「支払い能力」とは?

   - フローの支払い能力は「経常収支比率」で測る

   - 「経常収支比率」のみチェックするのは危険

   - 「短期借入金」も考慮に入れる

   - 「ストックからの支払い能力」も評価せよ

 

第3章 その決算書の作成目的は何か?「粉飾」にダマされないためのポイント

   - 「粉飾(不正会計)」とは何か?

   - 意外と多い!?上場企業の「不適切会計」

   - 非上場企業も税務調査で非違を指摘されている

   - 決算書は「粉飾」されているものと思え!

   - その決算書は「誰に向けて」「何のために」つくられたのか?

   - 「利益を増やす粉飾」と「利益を減らす逆粉飾」を見抜く方法

   - 「赤字」と「倒産」、実はそれほど関係ない

   - 「決算書=企業の成績表」は大間違い

   - 「粉飾」は決算書にどのように表れるか

   - 「粉飾額」を推定せよ

   - 倒産は「フロー」と「ストック」の両面から見抜け

   - 「粉飾の規模」を見極めよ

   - 粉飾を見抜けば、正確な「支払い可能性資産額」がわかる

   - 「粉飾」と「資金繰り」は表裏一体である

   - 企業の評価=「粉飾」「支払い能力」を考慮した決算書分析+定性評価

 

第4章 倒産企業の決算書から読み解く。「財務分析」のケーススタディ

   - 決算書分析の実例① 2期連続増収・増益だったのに倒産した木村メタル産業

   - 決算書分析の実例② 大幅増収で倒産したコバヤシ・ファシリティーズ

   - 決算書分析の実例③ 「不適切会計」で世間を騒がせた東芝

あとがき                          

 

出版情報

著者:田中 威明

出版社:幻冬舎

定価:800円(税別)

                

著者紹介

アロックス株式会社 代表取締役。大学卒業後、機械メーカーの営業職を経て、「倒産リスク情報」を販売する企業に入社。商社や金融機関、メーカーの調達部門などを中心に、数多くの企業の与信管理業務やサプライヤ管理業務をサポートする。2013年3月、アロックス株式会社を設立。決算書に基づいた倒産リスク評価を行うソフトウェア「アラーム管理システム」を提供し、「決算書を読めない人の数をゼロにする」ことを目標に、システム開発やセミナー等を行っている。

 

■会社概要

商号         : アロックス株式会社

代表者        : 代表取締役 田中 威明

所在地        : 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-4-11 滝本ビル5階

URL      : http://www.alox.jp

 

■お問合わせ先

アロックス株式会社 担当: 塙(はなわ)  TEL: 03-3518-2626  E-MAIL: info@alox.jp  

 

 

本日(2016年10月14日)、発売となります。

ぜひとも、書店やamazonからご購入ください。

amazonは下記のURLからご購入できます。
goo.gl/8qov0W

 

2016/09/27
融資営業を強化!経営の懸念点をコメントで指摘する『アラーム管理システム』を岐阜商工信用組合が採用

2016年9月27日

報道関係者各位

アロックス株式会社

─────────────────────────────

融資営業を強化!経営の懸念点をコメントで指摘する

『アラーム管理システム』を岐阜商工信用組合が採用

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アラーム管理システム 

スコアで危険を指摘

 

 

採用の理由

従来から利用している信組情報サービス株式会社(SKC)の提供する財務分析を利用しつつ、『アラーム管理システム』が「資金繰り」や「粉飾」の懸念をコメントとスコアで指摘することで、与信判断の補強や企業評価のサポート及び営業店の融資営業能力の向上を目的としています。

 

システム概要

『アラーム管理システム』は、決算書から「資金繰り」や「粉飾」の懸念点をコメントとスコアで指摘する財務分析システムです。

決算書から推測される状況を判断し、約400種類のコメントを表示します。

コメントは運転資金の状況や、営業体質、粉飾の危険、収支のバランスのほか、特別に注意を要する場合に表示される特別コメント等から構成されております。

コメントで細かに指摘される懸念事項を確認することにより、粉飾の危険を勘案したうえで、融資先の経営の課題や資金ニーズを把握して融資の推進をするとともに、リスク回避にご活用いただくことが可能となります。

 

導入実績

1987年に出版された『取引先アラーム管理』を基に開発されたシステムであり、多くの金融機関、商社、事業会社等に融資審査や与信管理、調達先管理、投資のために約130の企業、法人にご利用頂いております。

 

今後の展開

金融機関及び事業会社が、決算書を通じて営業能力を高めること、リスクを適切に評価しながら融資拡大、与信管理、投資、サプライヤ管理を行っていただけるようサポートして参ります。

従来から求められている「決算書を読む力」と「事業を見る力」を合わせることによって、適切な融資審査を行っていただくためにシステムの改良や研修会などの運用サポートを充実させて参ります。

 

 

■会社概要

商号         : アロックス株式会社

代表者        : 代表取締役 田中 威明

所在地        : 〒101-0046 東京都千代田区神田錦町1-4-11 滝本ビル5階

URL     : http://www.alox.jp

 

■お問合わせ先

アロックス株式会社 担当: 塙(はなわ)  TEL: 03-3518-2626  E-MAIL: info@alox.jp  

 

2016/08/24
決算書のデータ入力時間が最短1分に!調査レポートをテキスト変換する[財務PDF変換ツール]大手信用調査会社2社の変換が可能になり更に便利に

2016年8月24日

報道関係者各位

アロックス株式会社

─────────────────────────────

決算書のデータ入力時間が最短1分に!

調査レポートをテキスト変換する[財務PDF変換ツール]

 大手信用調査会社2社の変換が可能になり更に便利に

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

アロックス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:田中 威明)は、信用調査会社のレポートに含まれるPDFの決算書データをテキストデータに変換する『財務PDF変換ツール』について、大手信用調査会社2社の調査レポートを変換可能となったバージョンアップ版を、2016年8月26日(金)にリリースいたします。

 財務PDF変換ツール

『財務PDF変換ツール』利用フロー

 

財務PDF変換ツール:http://alox.jp/product/exchange_pdf.html

ご利用者から寄せられた「大手信用調査会社の2社の両方に対応してほしい」「財務分析に重要な、勘定科目の集約を変更したい」というご要望に対応し、この度『財務PDF変換ツール』をバージョンアップいたしました。

 

 

導入事例(1) : http://www.alox.jp/example/detail_21.html

導入事例(2) : http://www.alox.jp/example/detail_22.html

 

 

バージョンアップ版提供の背景と期待されるメリット

与信管理等の取引先を評価する業務において、決算書のデータを手入力するのに60分もかかってしまうケースもあり、業務の大きな負担となっていました。また、決算書の科目を集約する際の選択ミスや、数字の入力間違い等によるデータの正確性の確保も課題となっています。

今回のバージョンアップにより、変換可能な調査レポートが拡充されるため、業務効率の改善、ユーザーによる勘定科目の集約機能を可能としたことから、利便性の向上も期待できます。これにより短縮した作業時間を、取引方針の検討や、より詳細な企業評価に当てることができるため、与信管理や企業審査の強化にもつながります。

 

 

<バージョンアップの内容>

(1) 信用調査会社大手2社の調査レポートに対応

(2) 変換のスピードをUP

(3) 勘定科目マスター登録の設定機能を追加

 

 

□商品概要

信用調査会社の調査レポート(PDFファイル)から財務データの勘定科目を集約してテキストファイルに変換します(企業属性情報の変換も可能)。

勘定科目の集約マスターを基にデータを変換しますので、入力ミスの削減・作業時間の短縮を実現します。

 

<特長>

(1) 簡単

PDFを指定して変換ボタンをクリックするだけなので、どなたでも利用できます。

 

(2) 速い

3期分の決算書を最短1分でテキストデータに変換できるため、作業時間を60分の1に短縮できます。

 

(3) 正確

勘定科目集約マスターによって、企業毎に異なる勘定科目を『財務PDF変換ツール』用に正確に変換・集約できるため、会計知識なしでもご利用いただけます。

 

<システム要件>

OS     :Windows 7、Windows 8

ハードウェア:1GB以上のハードディスク空き容量

メモリ   :1GB以上

 

<価格(税別)>

初期費用:8万円

利用料金:月額2万円~

     ※契約は年単位となります。

 

 

□無料トライアル実施中

現在、『財務PDF変換ツール』の1ヶ月無料トライアルを実施しております。詳細は下記よりお問い合わせください。

 

お問い合わせフォーム: https://alox-s.cms2.jp/contact/pdfconvert.html

 

 

□今後の展開

与信管理や新規開拓先の選定を行っている企業・金融機関等の入力作業の負担削減・業務効率改善のためにご案内を進めるとともに、他のレポートや登記簿、決算書の変換ツールの開発を進める予定です。法人審査業務に携わるお客様にお役立ていただけるよう取り組んで参ります。

 

 

■会社概要

アロックスは、決算書を有効活用するテクノロジーを進歩させることで、企業をより深く理解することをサポートし、『決算書を読めない人数ゼロ』を目指してまいります。

 

商号         : アロックス株式会社

代表者        : 代表取締役 田中 威明

所在地        : 〒101-0046 東京都千代田区神田錦町1-4-11 滝本ビル5階

URL     : http://www.alox.jp

 

■お問合わせ先

アロックス株式会社 担当: 塙(はなわ)  TEL: 03-3518-2626  E-MAIL: info@alox.jp  

 

2016/06/22
アラーム管理システムVersion 2.5.0.3リリースのお知らせ


2016年7月1日、Windows10対応版「アラーム管理システムVersion 2.5.0.3」をリリースすることとなりましたので、お知らせ致します。

アラーム管理システムVersion 2.5.0.3では、下記の改良・追加を行っております。
・Windows 10(32ビット)版/(64ビット)への対応
・決算書入力タブの入換え
・SQLServer2014への対応
・決算書入力画面の「拡大・縮小表示」の設定値の保持(2.5.0.2)
・財務データエラー一覧帳票のレイアウト変更(2.5.0.2)

詳細につきまして、下記のPDFファイルをご参照ください。

v2.5.0.3リリース内容の詳細(PDF)

今後とも、皆様がご満足頂ける製品開発のため努力してまいりますので、引続きご高配賜りますようお願い申し上げます。

2016/03/08
財務PDF変換ツールのリリースについて


アロックス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:田中 威明、以下アロックス)は、
2016年3月8日に、信用調査会社のレポートに含まれる決算書データをテキストデータに変換する
「財務PDF変換ツール(http://alox.jp/product/data_entry.html)」を販売開始いたします。

 


【開発の経緯】
与信管理等の取引先を評価する業務において、決算書のデータを手入力する工程が発生し、業務の負担が発生します。しかも、決算書データの入力作業は、単純な入力作業ではなく、不特定の勘定科目をどこに集約(入力)するかの判断も必要となりますので、3期分の決算書を入力するには30分が必要でした。その中で、多くのお客様が元々デジタルデータである信用調査会社のレポート(PDFファイル)をシステムに手入力しなければならないことに不満をお持ちでした。


そこで、決算書入力作業の負担を軽減するために、信用調査会社の財務PDFをテキストデータに変換するためのツールを開発致しました。決算書の形式が一定ではないことや勘定科目数が多いこと、コストダウンに苦労致しましたが、3期分の決算書データを3分以下で変換することを実現しました。テストして頂いたお客様の笑顔で、苦労が報われた思いです。

 


【財務PDF変換ツールの特徴】
簡単・・・PDFを指定して、変換ボタンをクリックするだけ (誰でも出来ます!)
速い・・・3期分の決算書がわずか3分でテキストデータに (作業時間を10分の1に短縮!)
正確・・・集約マスターで誰もが正確に勘定科目を集約   (会計知識なしでもOK!)

 


【商品概要】
信用調査会社の調査レポート(PDFファイル)から財務データの勘定科目を集約してテキストファイルに変換します。(企業属性情報の変換も可能)
勘定科目の集約マスターを基に勘定科目を集約してデータを変換しますので、入力ミスの削減・作業時間の短縮を実現します。

 


【システム要件】
・OS Windows7 ,Windows8
・HW  1GB以上のハードディスク空き容量
・メモリ 1GB以上

 


【今後の展開】
与信管理や新規開拓先の選定を行っている企業・金融機関等の入力作業の負担削減・業務効率改善のためにご案内を進めるとともに、他のレポートや登記簿、決算書の変換ツールの開発を進める予定です。

 



■お問合わせ先
アロックス株式会社 担当: 加納(かのう)  TEL: 03-3518-2626  E-MAIL: info@alox.jp

2016/01/08
ホームページリニューアルのお知らせ
日頃より弊社サービスをご利用いただき、まことにありがとうございます。
本日、WEBサイトをリニューアル致しました。

今回のリニューアルでは、ご利用者の皆様がより分かりやすく、より快適にご利用できるホームページとなるよう、デザイン・構成とも一新いたしました。

また、課題解決・導入事例などの新しいコンテンツを追加すると共に、タブレットやスマートフォンからの閲覧にも対応しています。

今後も、皆様に使いやすいサイトを目指して、内容の充実を図るとともに、よりわかりやすい情報を発信してまいります。

引き続きご愛顧いただきますよう、何卒よろしくお願い致します。



Webサイトのリニューアルにともない、一部のページのURLが変更になりました。
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいページのURLへの登録変更をお願いいたします。
2015/12/25
年末年始営業日について
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
弊社は12月29日が仕事納めとなります。

皆様には、日頃ご愛顧いただき誠にありがとうございます。
深く御礼を申し上げます。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

【年末年始のスケジュール】
仕事納め 2015年12月29日(火)
仕事始め 2016年01月04日(月)
2015/12/04
事務所移転のお知らせ
この度弊社は12月7日に下記住所に移転し、新事務所において営業を開始する運びとなりましたので
ご案内申し上げます。
また、移転に伴い電話番号・FAX番号が変更となります。

【新住所】
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町1-4-11 滝本ビル5階

【新電話番号・FAX番号】
電話:03-3518-2626
FAX:03-3518-2625

これを機にさらに業務の充実を図り、皆様のご期待に添えますよう、
一層の努力を重ねてまいる所存です。

今後とも倍旧のご支援、ご愛顧を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

アロックス株式会社
代表取締役
田中 威明
2015/06/19
アラーム管理システムVersion 2.5リリースのお知らせ
2015年8月1日に倒産予知のための財務分析システム「アラーム管理システムVersion 2.5」をリリースすることとなりましたので、お知らせ致します。

アラーム管理システムVersion 2.5では、下記の改良・追加を行います。

・企業の財務構造の変化に対応するための評価指標の修正、改良
・新たに想定されるリスクに対応するための評価項目の追加
・倒産企業の研究事例から把握したリスクに対応するための評価処理の追加

なお、アラーム管理システムVersion 2.5の開発背景となった、研究の結果を皆様にお役立て頂くために、
リリース前に講演説明会を行いますので、ぜひご参加ください。
2014/12/23
年末年始営業日について
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
当社は12月26日が仕事納めとなります。

皆様には、日頃ご愛顧いただき誠にありがとうございます。
深く御礼を申し上げます。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

【年末年始のスケジュール】
仕事納め 2014年12月26日(金)
仕事始め 2015年01月05日(月)