TOP > ブログ > 債権回収方法2 支払督促、調停、仮差押
分析
2022/04/12

債権回収方法2 支払督促、調停、仮差押

ブログ

 

【Alox】 『第三の眼 ~看破する力~』 https://alox.jp/  vol.53


◆ 目 次 ◆

【1】  本文   『債権回収方法2 支払督促、調停、仮差押

【2】  編集後記   『“湯シャンをやってみたい

 


★PR★*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….*…..*……*…..*…
2022年4月22日(金)14時から
粉飾決算が多数発覚!!“危険な上場企業調査” ウェビナー
』を開催することになりました。
粉飾が発覚し上場廃止となったグレイステクノロジーの決算書を分析し、同じような上場企業が
ないか調査しました。

seminar20220422.jpg

お申し込み

──────────────────────────────
【1】  債権回収方法2   支払督促、調停、仮差押
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前号(債権回収方法1 督促、内容証明を使って示談の続きです。

 

債権回収方法2 支払督促、調停、仮差押

内容証明郵便などで督促しても任意に支払いが行われない場合、
裁判手続きを利用して債権回収を進める必要があります。


今回は訴訟を起こす前に利用できる「支払督促」「調停」「仮差押」について、
メリットデメリットや特徴を解説します。

 

支払督促

支払督促は、裁判所から相手へ支払督促申立書が送られてから2週間「異議申し立て」が
行われなかった場合、債権者が債務者の資産を差し押さえることができる手続きです。


債権者側から支払督促の申立があると、裁判所が債務者へ「支払督促申立書」を送付します。
債務者が申立書を受け取ってから2週間異議申し立てをしなければ、債権者は「仮執行宣言」を
獲得できて、相手の預貯金や不動産などの資産を差し押さえて債権回収できます。


ただし債務者からの異議申し立てがあると、
通常訴訟に移行するので法律的な主張や立証をしなければなりません。


支払督促を申し立てるとき、特に証拠資料は要りません。
難しい法律論を理解する必要もないので素人の方が自分で申立てやすい手続きです。
支払督促の申立は「相手方の住所地を管轄する簡易裁判所」で行います。

 

支払督促のメリット

l  手続きが簡単

l  相手が異議申し立てをしなければ差し押さえができる

支払督促のデメリット

l  相手が異議申し立てをすると訴訟へ移行してしまう

 

 

調停

調停は、裁判所で「話し合い」をするための手続きです。

簡易裁判所の調停委員が間に入ってくれるので、当事者同士が直接やり取りする必要がありません。
自分たちだけで話し合うと議論が紛糾して合意できないケースでも、裁判所の仲介があれば
合意できる可能性があります。


ただし調停には強制力がありません。
調停委員が和解案などを出しても当事者が納得しなければ最終解決はできず
「不成立」になってしまいます。
調停の申し立て先は「相手方の住所地を管轄する簡易裁判所」です。

 

調停のメリット

l  調停委員が間に入ってくれるので直接話す必要がない

l  裁判所の仲介によって合意できる可能性が高まる

l  話し合いの手続きなので難しい法律知識や書面作成は不要

調停のデメリット

l  強制力がないので合意できなければ解決できない

 

仮差押

仮差押は、裁判前に相手の資産を仮に差し押さえて凍結させる手続きです。
たとえば不動産を差し押さえると、相手は不動産の売却や抵当権の設定等が一切できなくなります。

 

仮差押の目的

訴訟の結果を待っていると何ヶ月もかかり、
その間に債務者が資産を処分してしまうかもしれません。
そういった財産隠しや嫌がらせの処分を防ぐため、事前に財産を動かせなくするのが仮差押です。

 

仮差押の効果

不動産や預金などの資産を仮差押すると、
債務者が困って「支払いをするから仮差押を取り下げてほしい」と連絡してきて、
任意に支払いを受けられるケースが少なくありません。


もちろん訴訟を起こして判決を取得したら、仮差押しておいた資産を
直接差し押さえて債権回収できます。
仮差押は「財産の保全」だけではなく「債権回収」にも役立つ手続きです。

 

仮差押のメリット

l  相手による資産処分や資産隠しを防止できる

l  相手にプレッシャーを与えて任意の支払いを促す効果もある

 

仮差押のデメリット

l  手続きが複雑で素人では対応しにくい(弁護士に依頼する必要性が高い)



債権回収を上手にすすめるには、状況に応じた方法を選択する必要があります。
上記の特徴を踏まえてベストな方法で回収を進めましょう。

 

 

次回、【債権回収会社や公正証書を使った回収方法】に続く

 



──────────────────────────────
【2】 “湯シャンをやってみたい
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


“湯シャン”ってご存じでしょうか?

その名の通り、お湯でシャンプーをする行為です。

「市販のシャンプーは洗浄力が強い傾向があるため、
肌に必要な皮脂まで除去し、頭皮を乾燥させてしまう」とのこと。

湯シャンではありませんが、髪の毛を洗わない人として、
よくよく事例として挙がる人として作家の五木寛之氏(ロマンスグレーの髪がフサフサ)がいます。

五木氏は、「2ヶ月に1回」しか髪の毛を洗っていないそうです。

湯シャン肯定派の人は、
「シャンプーを使わないほど髪は丈夫になる」という考えを持っている人が多くいます。



私は、最近、健康第一という言葉の重要性を感じているため、
「湯シャンはありだな」と思っています。

しかし、問題はシャンプーしないことによって顕在化する可能性がある
加齢臭・・・ですね。


すでに顕在化はしているんですが、
より明確にハッキリと加齢臭を感じるリスクがあると思っています。

 


倒産・粉飾ウォッチャー 塙 大輔



「私なら、こんな記事を書けます!」という方からのご連絡お待ちしております。
一定の審査の上で、検討させて頂きます。

ご連絡は下記のお問い合わせフォームからお願いします。
https://alox.jp/contact/request.html

 

++++++++++++++++++++++++++++

 


本内容は、メールで通知しています。
お申し込みは、下記からお願いします。
アロックスメールマガジンお申し込みフォーム